Shiori  Kurushima
  来嶋しおり
 
Shiori was born in Marugame City in Kagawa, Japan.
香川県丸亀市に生まれる。


After graduating from Bunka Fashion College in Tokyo, she studied at Ecole de la Chambre Syndicale de la Couture Parisienne in Paris.
文化服装学院を卒業後、渡仏し、シャンブル・サンディカル・ドゥ・ラ・クチュール・パリジェンヌ(パリ・オートクチュール協会学院)を卒業。


With a recommendation from Bernard Mine, one of the last Chef-Designers to work with Coco Chanel herself, Shiori worked as première main (head seamstress) in the Hanae Mori Paris tailoring atelier, where garments such as suits are made.
She has also worked as a modelist (a designer who uses draping to create styles) and pattern maker for ready-to-wear brands.
ハナエモリ・パリにてベルナール・ミンヌ(ココ・シャネル自身と仕事をした最後のシェフ)からの指名を受け、Atelier Tailleur(スーツなどを製作するアトリエ)でプルミエ・マン(洋服1点全てを任され担当するお針子)として従事。
その他にも、プレタポルテブランドのモデリスト(立体裁断のみでシルエットの構築を行う)、パタンナーとして活躍。


After returning to Tokyo in 1991, she worked for the fashion house Toray producing textiles.
1991年に帰国後、東レにて生地企画開発に従事。


In 1993 she worked for Korean designer Miwha Hong primarily as a modelist and organizer for the Paris Fashion Week runway and collection.
1993年より、パリコレクションでファッションショーを開催する韓国人デザイナー、ミファ・ホンのアシスタントとしてパリ、ソウル、東京のそれぞれに拠点を持って活動。パタンを担当する傍ら、パリコレクションでのファッションショーのオーガニゼーション全般を任されるなどした。


In 1998 she worked for Jurgen Lehl as an interior designer.
1998~99年、ヨーガンレール インテリア企画に従事。


In 2000 she founded volga volga together with her husband and designer Mikhail Panteleev in Tokyo. She directs pattern making and is the modelist in their atelier.
2000年、公私共にパートナーであるミハイル・パンチレエフとvolga volga 設立。現在に至る